経理の仕事とは

経理経理の仕事は、一生続けることができる専門職としてにわかに注目を浴びる事が多くなってきました。そしてこの経理のスキルというのは、言葉の壁を越えて基本的にはその理論というのは万国共通のところがありますので、一度勉強してそのスキルを身につけることで、将来へのスキル、またグローバル企業で働く機会も開かれることがあります。経理の仕事自体は毎日、そして毎週、毎月のルーチンワークの繰り返しになりますが、それでも会社の色々な取引や売上や費用のことを知っておくことはそれなりに意味のあることでしょう。そして経理のバックグラウンドを持っている人は、もし他の部署に移動になったとしてもそのスキルがいきる部分が多いものです。そうしたことを考えると、経理の仕事というのは、様々な仕事に関係していく仕事である、ということができるのです。考えてみれば、基本的に企業の活動というのは収益活動をメインにしています。もしそうした収益を意識しないNPO法人であるとしても、そうした事業の運営は寄付や基金などによって成り立っているものですから、当然そのお金のやり取りはきちんと記帳される必要があるものです。どのような業種であっても、かならず経理が必要であるというのは、こうしたお金やこれからの企業プランに欠かすことができない仕事であるからなのです。

経理のイメージ

経理という仕事にはすこし地味なイメージがありますが、それでも企業の重要な要であることは確かです。大体社長室の近くに財務や経理のセクションがあるというのは偶然でもなんでもなく、つまり経営のなかでなくてはならない、常にその成果を気にしていなければならないというのが経営陣の本音です。ですから経営陣のすぐ下の当たりに重要なポストとして財務部の長、もしくは経理部の長がくることは当然のことで、この辺りの連携が取れていない企業はそれこそ問題があります。経理スタッフとしては、まずは日常の小さな事から業務をこなしていくことになりますが、まずは会計や経理の基礎を知っていること、そして毎日しっかりと記帳していって、借方や貸方のバランスをとっておくこと、そして集計のときにきちんとした書面によって上司に与えられた期間のデータを適切に示す事が出来る事が大事になってきます。会計ソフトや経理処理は慣れてしまうと造作もなくできますから、まずは経理として職歴を身につける事が大事です。また経理というのは時期的に忙しいときとそうでもない時があるものですから、忙しい時期は残業なども覚悟しないといけません。またもし大企業などですと、経理業務だけでも膨大な仕事になりますし、本社に勤めている場合は、支社のデータから全てをまとめ、統括する必要がでてきます。雇っている人数も、またデータも飛び抜けて多くなるし、その上様々なセクションにわかれて仕事を進めることになり、そうなると経理内での仕事の連携も大事になってきます。より専門性が高く、ときには集中してデータ処理をしなければならない経理の仕事、ときにはデータ移行やシステム移行などでITなどの知識も求められたりする経理でも、やはりコミュニケーションスキルはかくことのできないスキルになってくるでしょう。小規模のところでは、色々な業務、例えば人事などの業務とともに経理業務をおこなっていることがあり、そうなると社員の人数がすくないとはいってもやはり色々な業務をこなす器用さが必要になってくるのでしょう。経理の仕事は他の仕事との関連性が高いながら、ときには本当に仕事が集中することがあるので、迅速に確実にその仕事を遂行していくにはそれなりの経理スタッフとしてのキャリアがものをいうことは間違いないですし、専門用語なども知っておく必要はあります。